読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BRIDGE ~世界に広げよう日本の心~

右でも左でもないど真ん中.石井希尚(Marre)のブログ

メキシコ人映画プロデューサーがトランプ大統領を支持する訳

Screen-Shot-2015-04-29-at-45702-PM-55-1430344969

2月2日
​先日、ハリウッドの映画プロデューサーエドゥアルド・ヴェラステーギに会った。
彼が制作したリトルボーイは日本でもロードショーされたね。

lb_P-thumb-560x791-1355

映画サイト👉 http://littleboy-movie.jp
​共通の知り合いプロデューサーの紹介で、わざわざキックバックカフェ(http://www.kickbackcafe.jp)まできてくれたんだ。
とて誠実で素晴らしい人だったよ。
メキシコ出身だし、今も家族がメキシコにいるから、トランプ新大統領についてどう思うか聞いてみた。
僕はてっきり、エドワルドトランプ大統領を批判すると思っていた。
メキシコ人はレイピストだとか、彼らがアメリカの雇用を奪っているなどと言ってメキシコを非難し、国境には壁を作り、その費用はメキシコに支払わせると言ってるわけだからね。
ところが彼は、トランプ大統領について、三つの点で非常に高く評価していた。
 
◼︎中絶反対の大統領令
一つ目は、トランプ大統領が世界各国で人工妊娠中絶を支援する非政府組織(NGOへの助成を禁じる大統領令に署名したことだ。
これは、中絶に反対する保守派の意向を汲んだ政策で、オバマ政権からの大転換となった。
日本では全くと言っていいほど話題にならないが、アメリカでは中絶に賛成か反対かで国論は二分される。
大統領候補は立候補をしたら、自分が中絶に反対か賛成かを必ず表明しなければならない。
中絶に反対であればキリスト教保守派の支持を取り付けられるし、賛成派であればリベラル勢力から支持されるからだ。
トランプ大統領は、彼の個人的な信仰がどうであれ、キリスト教保守派の考えを代弁する政策を打ち出して選挙を戦った。
だから白人保守派キリスト教の80%以上が彼を支持した。
その目玉スローガンの一つは、中絶に反対であることを明確に打ち出すことであり、就任後速やかにサインした大統領令は、保守派を満足させるものだった。
エドアルドは、メキシコ生まれのカトリク教徒だ。
個人的に話しをさせていただき、彼の人生の紆余曲折を聞いたが、彼は相当熱心なカトリク信者である。
そして、「命の尊厳」という大きな命題について、はっきりとした考えを持っている。
彼が映画制作会社を立ち上げ最初に携わった作品が「ベラ」という社会派映画で、まさに中絶問題を取り上げたものだ。

Bella_cover

👉http://bellamoviesite.com
この映画によって、生まれる前に処分されるはずだった6000人以上の赤ちゃんの命が救われたという。
この数字は、映画を見て「中絶せずに産むとにした」というレスポンスを直接送ってくれた母親の数だそうだ。だから、実際にはもっと多いだろうと嬉しそうに語ってくれた。
彼は『Pro Life』、すなわち中絶反対派なのだ。
その思いは真剣で、映画制作へと彼を駆り立てたほどだ。
だから、彼はトランプ大統領がメキシコを非難しようがなんだろうが、「命の尊厳」という、もっと大きな根源的な命題についての政策に賛同できるから、この点についてトランプを支持しているのだ。
 
◼︎最高裁判事の人事
1月31日の夜、大統領によって最高裁判事に指名されたニール・ゴーサッチの人選については、まさに保守派がトランプを支持してきた最大の理由と言える。
米国の最高裁判事は、違憲訴訟などの政策の差し止めをする権限を持っているため、ゴーサッチが正式に最高裁判事に就任すれば、保守主義に立った政策が実行にうつされていく可能性が高くなる。
保守主義というのは、簡単にいえば「古き良きアメリカ」である。
それはWASP(白人・アングロサクソンプロテスタントがつくったアメリカ建国の精神であり、そこに戻ることこそが保守派の最大の願いである。
アメリカでは同性婚が合法となっている州もある。
公立学校では「お祈り」をすることさえ禁止されてしまった。
我々日本人としては、ミッションスクールじゃないんだから、当然じゃない?と思うかもしれないが、そもそも建国の精神にもどれば、白人キリスト教徒が作った国なのだから、公立学校はお祈りをする場であって、それが禁止されるなどというのは、保守からすれば「世も末」なのだ。
 
◼︎入国制限
イスラム7カ国からの入国一時停止という大統領令が物議を醸しているが、これに半数以上のアメリカ人が賛成している。
これも、古き良きアメリカの精神にたてば当然のことだ。
アメリカを建国した人々自身が移民であったことは言うまでもないが、彼らが作り出した国は、あくまでもWASP(白人・アングロサクソンプロテスタントの国なのだから。
カリフォルニア州にいけばわかるが、メキシコ人の人口は爆発的に多く、そもそものWASPはマイノリティになりつつある。
だから、本当は元のアメリカに戻したいと思っている人が多いのだ。
それが、トランプが大統領に選ばれた最大の理由である。
 
◼︎保守主義が支持する三つのこと
①トランプはキリスト教保守派の立場に立ち、中絶に資金が流れないようにした。
②そして彼は、古き良きアメリカの白人キリスト教保守派の信条の擁護者であるがゆえに、イスラム教徒に対しては厳しい。
③しかしそれは、中絶や同性婚に反対し、伝統的な家族の概念を守る考えである。
 
エドゥアルドは、国境に壁を作るなんてとんでもない!言ってるが、トランプ大統領を非難しながらも、上にあげたキリスト教保守主義の3つの観点からトランプ大統領を評価しているのである。
このような側面はなかなか日本のメディアではとりあげられないアメリカの現実である。
​ 
eduardo-verastegui-1826290
エドゥアルド・ヴェラステーギ