読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BRIDGE ~世界に広げよう日本の心~

右でも左でもないど真ん中.石井希尚(Marre)のブログ

2. 違憲だぞ!

違憲だぞ


安保法案が衆議院本会議で可決。
戦後の、日本の民主主義の大きな汚点!だと
野党はじめ反対派の人々が声をあげている。

憲法学者が「違憲だ」と言っている法案を強引に通す安倍首相は
民主主義の崩壊だというわけだ。

多くの人々が「戦争法案だ!」と叫んでいる。
しかし政府は「戦争を未然に防ぐ抑止力だ!」という。
何がどうなっているのか・・・

実際に「中身分かってます?」と尋ねると「よくわからないけど、戦争はいや」という人が多い。
よくわからないで反対?
こっちの方が違憲、あ、いかん。

反対も賛成もまずはしないでいいから、
そもそも、違憲ってどういうことよ、という
基本を考えましょう。

ご存知のとおり、今回の論争の一大問題は「集団的自衛権」の行使を
限定的に容認したということ。
まずここ、わかってますよね?
ここを理解していない人も多いので、
念のため確認です。

じゃあ、集団的自衛権って何?ということになりますが、
でも、その前に・・・

この議論は、憲法9条が存在するから起るものだということは
知っていますよね?
そうなの?
なんて言っている人は、反対や賛成を論じるスタートラインに立って
いませんので、よくここを理解しておいてほしいものです。

日本の平和憲法平和憲法たる所以は、「憲法9条」の存在です。
では、うわさの憲法9条とはなにか、読んだことあるとは思いますが、
もう一度読んでみましょう。
これです。

1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
  国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
  国際紛争を解決する手段としては、
  永久にこれを放棄する。
2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、
  これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

これが世界に輝くうわさの憲法9条
この条文が意味していることは極めて明白です。

日本国は、①武力行使を永遠に放棄した!
だから  ②陸海空軍その他の戦力、つまり「軍隊」を保持しない!
さらに  ③交戦権(戦争をする権利)も認めない!

もう一度9条読んでください。何度も読んでください。
普通に日本語を理解できる人なら、
憲法9条はこう言ってます。しつこいようですが・・・
日本は   ①武力行使を永遠に放棄しました!!!!
      ②だから軍隊を持ちません
      ③さらに、戦争する権利である「交戦権」も認めません。

という三つを高らかに宣言していることが分かるはずです。
よね・・・?
これが憲法9条です。

憲法9条は、はっきりと、日本国は武力を放棄したから、軍隊も持たない
し、戦う権利も認めないと宣言しているわけです。
うわさどおりの優れものです。
これはもう超ウルトラ級の理想主義の『憲法』と言えますね。

つまりこの憲法9条は、日本は武器をもたず、丸腰で生きる国になる
ということを宣言しています。
つまり「非武装」国家になると。
そして、交戦権を認めないのだから、たとえ他国が戦争をしかけてきても「戦う権利」がないのです。

あれ?
おかしいぞ。
じゃあ、自衛隊っていうのは何?
あれって「武力」じゃないの?
でも戦車とか戦闘機とかあるよね。
自衛官は機関銃とか、持ってるよね。
丸腰の非武装国家じゃなかったの?
おかしくね?

おお、気づきましたか。
そうなんです。
どう考えたって、憲法9条によれば、
自衛隊の存在が、そもそも憲法に違反してますよね。
これが普通に読んで行き着く結論です。

これでは都合が悪い。
だ・か・ら「自衛隊は軍隊ではありません」と言っているのが
日本の立場です。
自衛隊ですよ。軍隊じゃありません!どこに目を付けてるんですか?

「そ、そんな・・・見れば見るほど『軍隊』ですけど・・」
「あんた、頭おかしいんですか?軍隊じゃないって言ってるでしょ!自衛隊と言なさい」

「でも、海外にいくと自衛隊はアーミーだと普通に認識されてますよ??」
「それは、彼らがバカなんですよ。どこに目をつけてるんでしょうね。
 断固として軍隊じゃありませんからね!!フン!!!」

ああ、めまいがしてきます。
子どもだって、自衛隊が「武力」であることはわかります。
それなのに「軍隊じゃない」と言い張ることによってしか存在を認められないもの。
それが自衛隊です。
頭がくらくらしてきます。
でも、これが憲法9条です。
それほど明白に「武力を放棄」と宣言しているのです。

そうなのです。
憲法9条というのはそういうものなのです。
だって、そもそも、この憲法は日本を『丸腰』にして『武装解除』させ、
二度と連合国に刃向かわせないために、『アメリカ様』が考えたものなんですから。

マッカーサーの命令一下、大急ぎでアメリカ様が作った憲法草案を
ほぼそのまま呑まされた形で制定されたものですから、
日本が「丸腰」「丸裸」になることを定めているものです。

他の国は軍隊をもっていいけど、日本だけはダメだ。
他の国は戦争をしてもいいけど、日本だけはダメだ。
日本は他国に攻められても、戦ってはダメだ!

これはね、良い悪いの問題じゃないんです。
これが「敗戦」ということです。
日本は戦争に負けたんですよ。

その代わり「アメリカ様」が占領軍として
日本にドカっと腰をおろしていたわけです。
「俺様が戦ってやるよ」というわけですね。

そして、アメリカ様は、連合国の一員ですから、
日本は連合国が守るということになっていたわけです。
これが「国連」ですね。
国連って、日本と戦った「連合国」のことなんですよ。
これ知っておいてくださいよ。

ですから、歴史的な流れからいって、
日本は国連が守ればいいので、
日本に「軍隊をもたせない」
というのが憲法9条の趣旨だったわけです。

しつこいようですが、
憲法9条の目的は日本を軍事的に解体して、
丸裸にさせるのが目的でつくられたものです。

これ言うと、必ずヒステリックに叫び出す人がいるんです。
「何言ってるんだ!これは日本人が作り出した素晴らしい理想だ!」
という具合に。

でも、歴史は歴史なんですから、護憲派の人がいくら叫んでも、
歴史は変わりません。
もちろん、当時の日本にだって、社会党共産党の人がいたわけ
だから、憲法9条に大賛成だった人もいましたよ。
そういう人たちにとっては、大歓迎のものだったでしょう。

さて、話を戻しましょう。
そういうわけで、歴史的な流れと、憲法9条が作られた
目的からいって、自衛隊の存在は「憲法違反」です。

自衛隊は、この憲法が出来たときの意図に反しているのですから、
自衛隊そのものは、現行憲法では明白に『違憲』なのです。

憲法学者というのは、憲法の学者さんですから、こんなことは当然理解
しています。
ですから、朝日新聞が行なった調査によれば、63%の憲法学者
自衛隊違憲」だと回答しています。(7月11日掲載)

そもそも自衛隊そのものが「憲法違反」だと考えている学者さんたちに、
今回の安保法制が憲法違反かどうか問いかけること自体に意味があるの
でしょうか?
彼らは、『違憲』と言うに決まってるじゃないですか。
自衛隊違憲なのだとしたら、自衛隊のアクションは全部違憲
だって存在そのものが「違憲」なんですから。

じゃあ、なんで今、自衛隊が存在してるわけ?
となります。
そこです。そこが大事なところなんです。

これは「解釈」を変えてきたからです。
なんの解釈かって?
憲法9条ですよ。
どう読んだって「憲法違反」なのに、

いや、どんな国でも、国際法が認める「自衛権」はあるよね。
この憲法自衛権を否定するものじゃないよね。
だから、自衛のための最低必要限度の武力はもっていいよね。

憲法9条を変えずに
『解釈』を『変えて』きたのが、戦後の歴史です。
これは苦肉の策なんですね。
ウルトラCです。
忍者です。

解釈を変えるなんていうややこしいことをするよりも
条文そのものを変更した方が無理はない。
「自衛のための必要最低限の武力を保持することを認める」
にすればいいじゃないですか。

でも、何がなんでも変えるな!
という世論が強いから、一語一句かえずにずーっと来てる。
だから、苦肉の策で「憲法解釈」を変えてきたというわけです。

ということはですよ。
今回の安保法案も「解釈」の問題だとわかります。
ここ、立ち止まってください。
ここが重要!!!
今回の論点は「解釈」の問題であって、憲法を守るか守らないかの
問題ではありません!!!
憲法は、すでに条文どおりには「守られていない」のです。

そもそも「集団的自衛権」というのも憲法には出てきませんよ。
今論じられていることは、すべて「解釈」がいいか悪いかなのです。

それなのに、いまさら「これは憲法違反」だと言い出したから
あっと驚きました。
「え?なにを今更言ってるんですか?」と。

若者たちが、日本を救いたいという気持ちから、
拡声器をもって
憲法を守れ!憲法を守れ!憲法を守れと言ってるんだ!」
と叫んでました。
勇ましいです。
そして純粋です。

でも、実は「憲法を守れ」っていう台詞、その発想、そのものが
すでに破綻した理論なんです。
今の日本では、それは成立しない考えなんです。
ここが重要です。

解釈を守れ!ならわかります。
今までの解釈を変えるな!
なら意味は通じます。

でも、憲法を守れ!というんなら、
自衛隊を解体せよ!と言いましょうよ。
それが本当に厳格に憲法を守りたい人の願いであるはずです。

これを堂々と言ってるのは「共産党」だけですよね。
そういう意味では共産党は偉いです。

だから彼らに敬意を表して、災害が起っても、自衛隊共産党員を助けないことにしましょうよ。
だって「憲法違反」を犯している武装集団に助けてもらうなんて、彼らの誇りを傷つけますから。

あと、今回「憲法学者違憲だと言ってるんだから、安保法案は憲法違反だ!」と
息巻いている人々にも、覚悟を決めてもらいましょう。
地震が起きても、自然災害が起っても、自衛隊のお世話にならないと。
絶対に助けてもらわないでください。

もしかしたら、東北でお世話になった人はいませんか。
あなたは東北出身ではありませんよね。

自分の家族のことも顧みず、見ず知らずの人々を命がけで
助けた彼らは「憲法違反」を犯している存在なんです。
だから必死で災害現場で救命活動をしている彼らに
「助けるな!!憲法を守れ!」と叫んでください。

中国の飛行機が領空に侵入してくる挑発行為に対応すべく
スクランブル発進」している航空自衛隊パイロットに
憲法守れ!」と叫びましょう。

彼らこそ、存在してはいけないからです。
だって憲法違反なんだから。

安保法制うんぬんよりも、自衛隊を解体せよと言う方が
早いでしょ。
自衛隊がいなくなったら、今の問題も全部なくなりますから。
だから、ね、解体しましょうよ。

自衛隊がなくなったら、どうやって、誰が国を守りましょう?
なくなるなんてことは困るから「自衛隊」をちゃんと「国防軍」と呼ぼうよ、
というしごく当然の提案している安倍総理を「ファシスト」と非難するんだったら、

決然としたゆるぎない信念をもって「自衛隊解体」こそが
日本の生きる道だと信じて、今からデモをしてください。
それをする気がないなら、「憲法守れ」と叫ぶのもやめましょう。

ちなみに僕は自衛隊という名称は好きです。

ややこしいですね。
そういう問題です。
今起っていることは。
どうしましょう?